2017年2月、サイクリングガイド養成講座およびJCA検定を沖縄で開催

実走講習へ出発

一般社団法人日本サイクリングガイド協会(以下「JCGA」)と沖縄輪業株式会社は、2017年2月、沖縄県内において、公益財団法人日本サイクリング協会(以下「JCA」)の公認資格である「JCA公認サイクリングガイド(ベーシック)」の養成講座を実施いたします。そして、会期最終日には、JCA主催の「JCA公認サイクリングガイド(ベーシック)」(以下「検定試験」)が開催されます。

主催者である沖縄輪業(株)は、長年「ツールドおきなわ」や「美ら島オキナワセンチェリーラン」等のサイクリングイベントをサポートする沖縄県随一のスポーツサイクル販売店です。国際的な観光地である沖縄では、イベントなどを通じたサイクリング環境の衆知でサイクルツーリズムが拡大。団体ツアーおよび個人のサイクリングに対応する「サイクリングガイド」の育成が急務となっており、前回2016年2月に引き続き、今回2回目の養成講座開催となりました。

そのため、当講習会および検定は沖縄県内のサイクリストが主な対象となりますが、沖縄県を「サイクリングガイド養成の拠点」と位置づけて講習会継続を目指す主催者の厚意により、沖縄県外からも参加可能です。ただし、県外からの参加については全てJCGAが窓口となり、選考の上で参加するかたちとなります。

2.実施概要
(1)日時 2016年2月17日(金)から 2月19日(日)までの3日間
(2)主催 ・講習会:沖縄輪業株式会社 ・検定:JCA
(3)共催 JCGA
(4)協力 沖縄県サイクリング協会
(5)事務局 (一社)沖縄県サイクルスポーツ振興協会
(6)費用について
(受講前)①講習会費 ¥60,000- ②JCAガイド検定受験料 ¥50,000-
(受講後)③登録料 ¥10,000- ④認定料 ¥60,000-
⑤JCA賛助会費 ¥4,000- (会員でない場合)
※県外の方は、JCGAへの登録(年会費)が必要です。
JCGA年会費:¥10,000 JCGA登録料:¥30,000
※沖縄県内の方は、(一社)沖縄県サイクルスポーツ振興協会への登録が必要です。
(7)定員(上限):25名

3.受講資格
(1)普通自動車運転免許証以上を所持し、交通法規を熟知していること
(2)簡易な自転車の修理を短時間で的確に行うことのできる技術を有すること
(3)100km程度のサイクリングおよび、集団走行に関する経験および知識を有すること
(4)JCA 指導者資格を持っていること、もしくはJCGAの会員であること
(JCAは、リーダー及びインストラクター以上)
※JCA指導者養成講座を開催します。(沖縄県内では1月7日-8日に講習会を実施予定)

4.スケジュール(内容に関しては調整中)
2月17日(金) 9:00- オリエンテーリング
AM 講義 PM 実習、総括
2月18日(土) AM 講義 PM 実習、総括
2月19日(日) AM 検定/学科試験 PM 検定/実地試験
閉講式(事務手続きについて)

5.申し込み、問い合わせ先 
沖縄県内:沖縄輪業株式会社
〒901-1111 沖縄県島尻郡南風原町字兼城517-3
TEL: 098-888-0064 FAX: 098-888-0069
こちらのサイトからエントリー可能です。

沖縄県外:一般社団法人 日本サイクリングガイド協会
品川区上大崎3-3-1自転車総合ビル5階
jcga(ここをアットマークに打ち替えてください)cycling-guide.or.jp
[※注 参加要件]
沖縄県外からの参加申込みについては、現業のガイド事業者や、
自治体等の団体として参加するサイクリストのみを対象とします。
詳細につきましては、こちらからお問い合わせください

6.JCGA = (一社)日本サイクリングガイド協会とは
日本サイクリングガイド協会は、サイクリングガイド認定および育成、講師派遣等を通じて、プロフェッショナルなサイクリングガイドを振興する一般社団法人。登録サイクリングガイドは協会Webサイトで国内外のサイクルツーリストや旅行事業者とのマッチングを受ける他、様々なジャンルのフォローアップ研修会に参加できる。協会経由でのガイド執務においては傷害保険加入や実績ポイントのWEB表示等、ガイドビジネスの分野でのバックアップも得られる。認定初年度より北海道、富士山エリア、しまなみ海道エリアで活躍する国内最高水準のサイクリングガイド事業者が会員となっており東京五輪までに、一定水準以上のサイクリングガイド業者による業界標準化を目指す。JCAサイクリングガイド検定登録ガイド団体。

関連記事
2016年2月の沖縄県サイクリングガイド養成講座

関連リンク
沖縄輪業 Webサイト